teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:サンスクリット  投稿日:2010年 6月 1日(火)22時19分39秒
  普段身につけるものに、マテーシゥ メー パリヤヴァティシュタイというサンスクリット語を表記する場合は、ちゃんと意味をもたすということからも文末にダンダがあった方が良いんですよね?
以前、ヴァヤン サルヴェー クトゥンビナハ スキノー バヴァーマを表記したお守りみたいなものを作ったのですが、その際はダンダを文末につけたので…
 
 

(無題)

 投稿者:サンスクリット  投稿日:2010年 6月 1日(火)21時20分43秒
  そうなんですね~。ダンダというのは縦二重線のことですよね?
ちなみに!に相当するような表現はサンスクリット語にはあるのでしょうか?
 

Re3: 質問

 投稿者:近藤 貴夫  投稿日:2010年 6月 1日(火)19時58分1秒
  > ちなみに末尾に縦線はなくても良いんですよね?

今回のご質問のとき(=ご投稿日:2010年 5月28日(金))の、

> 「(己の)信念を貫け」「Persist in my belief」を

というのが、句読点で終わっていなかったので、文というよりももう少し曖昧な
意味での表現についてのご質問であろうかと思い、サンスクリットの表記上も
句読点を省いて書いてしまいましたが、文としては、一文でも縦線(ダンダ)で
締めたほうが無難です。(タイトルなどは例外として)

サンスクリットは、日本語と同じく、最も自然な語順では文末が述語的要素で
終わることが多いので、直接話法の文の一部で「~と、誰それは言った」などと
続くとか、関係詞で補足説明が続くとかの状況でない限り、句読点がなくても
散文なら文末感が何となく分かると思います。
出版物の文章でも、現代日本語・英語の感覚なら文の区切りとして句読点を打つ
ところ(=述部が終わって次の主部が始まるところ)に、必ずしも縦線(ダンダ)を
入れていないテキスト例が、たまにあります。
しかし、現代サンスクリットは、殆ど例外なく文末を縦線(ダンダ)、または英語と
同じ?や!で締め、単語の区切りもなるべく切って書いてあると認識していますので、
それに従った方がいいと判断します。
日本語で一つの文を書く場合、「。」が無くてもそこが文末だと大体分かりますが、
「。」があった方が行儀がいいのと同じだと思います。
 

(無題)

 投稿者:サンスクリット  投稿日:2010年 6月 1日(火)17時58分46秒
  またまたご回答ありがとうございます。ちなみに末尾に縦線はなくても良いんですよね?以前、一文であれば必要ないというような説明をいただいたかと存じます。今回表現していただいたサンスクリット語では末尾に縦線がありませんでしたので…  

Re2: 質問

 投稿者:近藤 貴夫  投稿日:2010年 6月 1日(火)00時24分28秒
  > ちなみに発音はどのようになるでしょうか?

mateṣu me paryavatiṣṭhai
(マテーシゥ メー パリヤヴァティシュタイ)
サンスクリットには、英語にも日本語にもない発音の区別がありますので、
大体の近似です。カナ書きも、どこまでの違いを区別するかなどで、
多様な書き方があります。

> ニュアンスが微妙という意味でしょうか?英文みたいに同じ日本語の文章でも
> いくつかの表現の仕方があるからでしょうか?単語や文法に自信ががないと
> いうことでしょうか?

有体に言えば全部ありますが、一番の問題は、日本語の「信念を貫く」というのには、
信仰色が薄いのにも関わらずプラスのニュアンスが強くありますが、サンスクリットで
そのイメージを伴うか、あるいは伴うようにできるか、というところです。
そもそも信仰色を外して大丈夫かということもありましたが、ご説明により、それで
大丈夫ということですね。
そして、なるべく直訳にになるようにしましたが、この用例を実際のサンスクリットで
見た覚えはないということも、付け加えておきます。

提示したサンスクリット文を、直訳説明調で日本語に反訳すると、
「私の思考した/信じたこと(複数)において、私よ、すっかり降りて立て(=確固たれ)」
であって、ご趣旨にはほぼ沿っているつもりでおります。

これは、ご推察の如く、全く別の発想でも言えると考えられますし、部分的に類義の
単語に置き換えることもできます。どれが最も優れた表現かは、私には判断しかねます。
 

(無題)

 投稿者:サンスクリット  投稿日:2010年 5月31日(月)21時30分46秒
  お忙しい中、ご回答ありがとうございます。ちなみに発音はどのようになるでしょうか?
また、自信がないとおっしゃられていますが、ニュアンスが微妙という意味でしょうか?英文みたいに同じ日本語の文章でもいくつかの表現の仕方があるからでしょうか?単語や文法に自信ががないということでしょうか?
質問させていただいた文のニュアンスとしては宗教心とはあまり関係がなく、「日々の自分自身の行動や考えに対してゆるぎない心を持て」と自分に言い聞かせるような感じなのですが…
 

Re: 質問

 投稿者:近藤 貴夫  投稿日:2010年 5月31日(月)07時25分1秒
  済みません。気づきませんで、遅くなりました。

मतेषु मे पर्यवतिष्ठै

しかも、この言い回しは自信ないんですよねえ。
信念から宗教性や真理性を除き、単に「意見・見解」にしてみて、それの複数形。
その勝手かもしれない意見に立って、反駁・抗言するとすると、どう受け取られるか。
動詞は一人称命令法にしています。
 

(無題)

 投稿者:サンスクリット  投稿日:2010年 5月28日(金)19時45分28秒
  そうです。自分自身に言い聞かせている感じです。  

回答ではありませんが……

 投稿者:死郎  投稿日:2010年 5月28日(金)15時59分17秒
   はじめまして(?)。横レスですが、ちょっと気になりましたので。

> 「Persist in my belief」

 your ではなく my ということは、これは誰か他人ではなく“自分に言い聞かせている”という意味合いで良いのでしょうか。
 

質問

 投稿者:サンスクリット  投稿日:2010年 5月28日(金)09時41分25秒
  「(己の)信念を貫け」「Persist in my belief」をサンスクリット語(デーヴァナーガリー文字表記)で表現したいのですが、どのようになりますでしょうか?  

レンタル掲示板
/21